貸事務所を青山一丁目で開きたい人が押さえておくべき点

開業して自社のオフィスを構えることは、起業している方にとって喜ばしいことです。しかし、初めて貸事務所を借りる場合、どうすればいいのかわからない、注意点はあるのかなど疑問点を持っている方もいます。特に青山一丁目で貸事務所を借りる場合、どのような流れで契約していけばいいでしょう。青山一丁目でオフィスを構えるとき、まず始めにしなければいけないことが不動産会社を選ぶことです。貸事務所を取り扱っている不動産会社を選びましょう。その後物件を実際に見学することになりますが、その際、立地環境の確認や電力の確認、ネット回線の状況など複数の点に注意して確認していきましょう。また、仲介してくれる不動産会社の管理規約が最新のものとは限らないので、管理会社へ管理規約をしっかりと確認しておくようにしましょう。

青山一丁目で貸事務所を借りるための準備とは?

青山一丁目に限らず、貸事務所を借りる際に準備しておかなければいけないことには、どのような点が挙げられるでしょう。不動産会社を訪れ、どの貸事務所を借りたいかが決まれば、申し込みや審査が必要になってきます。法人契約を行なう場合は、必要な書類が個人契約と違ってきます。個人契約では住民票などを用意しなければいけませんが、法人契約を行なうときには、「登記簿謄本」「会社概要」「印鑑証明書」の3つの書類を用意しておきましょう。また、不動産会社によっては、「損益計算書」や「賃借対照表」が必要になることもあるため、契約をする前に不動産会社に確認をしておくようにしましょう。法人契約は個人契約と違い、会社の信用度が重要になってきます。そのため、個人契約よりも信用度が高く、契約の際の審査も通りやすい特徴が法人契約にはあります。

青山一丁目に貸事務所を構えるときの注意点

青山一丁目に貸事務所を借りるときに、注意しなければいけない点はあるでしょうか。貸事務所を借りる際物件を見に行くことになりますが、物件そのもの以外にも立地環境を確認するようにしましょう。そのときに大切なことは、個人で借りるときと違い、従業員が気持ちよく利用できる環境が整っているのかを見ていきましょう。近所に昼食をとれる環境があるのか、弁当など買い出しできる環境があるのかなど、従業員の気持ちになって確認していきましょう。また従業員が電車やバスなど公共交通機関で通勤していたとしても、駐車場が完備されている物件か確認しておく必要があります。従業員でなくとも、来客があったときに駐車場がなければ不便さを感じます。自社のことだけではなく、来客時のことも考慮して物件を探すようにしましょう。